システムとしての介護の実現

subpage1

現在の日本において介護という課題を考えるとき、まず生産年齢人口比率の急激な減少という問題を避けて通ることはできません。

戦後ベビーブームの世代(団塊の世代)が70才の坂を超え、次々と要介護の道へ入ってゆく今、それを行う生産年齢人口の世代の比率が下がっている事実は、活動の生産性を上げる以外の方法では到底対応できないからです。

人気上昇中の介護のシステムはこちらのサイトで情報公開中です。

この介護の生産性を上げるには、どうしても人の手以外の要素の参加を求めざるを得ず、畢竟機械設備の拡充とシステム化によらざるを得ません。


システム化というと機械仕掛けの温かみもやさしさもないそれを思い浮かべてしまい勝ちになりますが、人肌の感性あふれる機器によってサポートされる、人間に過度の負担を与えずに行える行動で所定の目的を果たすものこそが、本当のシステムであり求められるそれなのです。
そのためには、今以上の技術開発による機器の更新もさることながら、特にAI技術によるセンサリングと判断能力を組み込まれたマン-マシン・システムの開発が求められ、しかも実現寸前のところまで進んできています。



この先、今まで以上に介護の現場では、確実に相対的なマンパワーが足りなくなってきますので、それを補ってフォローする機器システムの活用が進められなければなりません。



そして、このように介護分野での投資や機械化が進むことにより、正しい形での生産性向上が進み、日本社会が活性化してゆき長年続いているデフレ状態の脱却にも繋がって、高齢者の社会参画にも好影響を与えることになるのです。

ITの基本知識

subpage2

介護システムを利用すると、様々なことをパソコン上で行うことが可能になります。具体的にできることは、次の通りです。...

more

意外な事実!

subpage3

介護業務をより効率よくするためにシステム導入を検討する場合、どのような着眼点でベンダーを選定したらよいか紹介します。できれば長く使いたいので、費用だけでなく使い勝手が良く、働く職場に合っており、サポートもしっかりとしてほしいなど、要望は尽きないと思います。...

more

予備知識

subpage4

認知症高齢者を介護する家族や介護事業者にとって、その高齢者が徘徊し行方不明になることは生命の危機に直結した大変重要な問題です。現在、認知症等が原因で行方不明になる高齢者は年間1万人以上、そのうち死亡した状態で発見される方は300人以上、行方不明のままの方は200人以上いると言われており、社会全体としても大変大きな問題となっております。...

more

注目情報

subpage5

介護現場で働いていると制度の変化に追いついていけないと悩んでしまうことがよくあります。介護保険制度は定期的に現実に合うように変更されていますが、それによって請求業務が難しくなっているのが実情です。...

more